素敵な暮らしにあこがれて

都会の暮らしに少し飽きてたころ、田舎の暮らしが素敵に見えて。山仕事をする人と出会い、結婚を機に山がすぐそばの里山に移住しました。生活と子育てを中心に日々の暮らしを綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー性皮膚炎か?

久々のブログ、ご無沙汰です。
今月末に引っ越すことになり、我が家は3月下旬から徐々に引越しの荷造りに追われています。

それはさておき、順調に育っている娘なんですが、私と旦那さんの体質を受け継ぎ、どうやら肌が弱いみたい。脇腹や膝の裏、首の下などが赤くなっちゃっています。特に頭皮の乾燥がひどく、掻いてしまって皮膚がポロポロ取れてしまいます。

201204211.jpg

とりあえずお肌のケアは、敏感肌用のローションが必須。
「アトピタ」のベビーローションを使ってみました。

201204212.jpg
201204213.jpg

しっとりして、その上のびがとてもいい! 娘の頭皮のかゆみが収まるのかはわからないので、私もトライ。手の乾燥&かゆみがひどいので、娘と一緒に使ってみようと思います。

【おまけ】
最近何かを持ちたがる娘。アトピタのボトルは手に収まりがいいようです!
201204214.jpg

★アトピタ★
http://monipla.jp/bl_rd/iid-12978730664f3b5b4354512/m-4f161c25cbe3b/k-1/s-0/
スポンサーサイト

赤ちゃんの便秘解消に。

母乳育ちの7か月の娘は病気もなく、これまですくすく成長中。
しかも離乳食を始めるまでは、1日数回の快便ちゃんで、育児書で見かける「うんちのお悩み」には無関係でした。

ところが2012年に入ったとたんに、急に便秘ちゃんに!
年末年始の実家回りで生活リズムが変わったせいなのか、10日も出ないことも…。
「のの字マッサージ」はやってみるも効果はなく、心配なので病院で診てもらったり、浣腸をしたりでどうにか排便にこぎつけていますが、娘の意思では出す気なし! ぐずりもせずケロッとしています。

薬に頼るのも嫌なので「オリゴのおかげ」を試してみました。
ビフィズス菌を増やしておなかの調子を良好にする甘味料です。

2012022701.jpg

2012022702.jpg

液体になっているので溶かす手間がなく、量も調節できるので、離乳食に混ぜて使うのに便利。
娘の場合は、1滴あげただけで効果テキメンでした☆

本来は続けて使うのが身体に良いようですが、あまりの効き目に便秘解消の時にお世話になっています。
薬ではないので、安心して使えるのがうれしいです。

離乳食を始めると便秘になる赤ちゃんが多いようですが、お困りママさんに教えてあげたいです。

☆オリゴのおかげ☆
http://monipla.jp/bl_rd/iid-14337953744f27865c7204b/m-4f161c25cbe3b/k-1/s-0/

主婦湿疹の手あれに必須。

主婦湿疹歴、約15年。冬になると痒くなり、割れて痛みを伴います。
皮膚科でぬり薬をもらうも、家事をするから全然治らず。
先生は決まって「薬を塗ったら、綿手袋をして保護してください。家事の時はゴム手袋を」と。

2012021402.jpg

綿手袋はいくつも試しました。
短いタイプだと今年はゴム手袋に手首がやられました…。
ゴム手袋の 下ばき用という長い綿手袋を見つけて愛用していましたが、指先の縫製が甘いのか、すぐ破れちゃって…。

そしたら、春に発売される長いタイプの綿手袋のモニター応募があって♪
応募したら当選! この春発売のSHOWAの「カラフル綿手袋」です。

2012021401.jpg

2012021403.jpg

とても柔らかで薄手のタイプなので、はめていても指先の感覚が鈍らず家事がしやすいです。
ゴム手袋の下ばきにしても、ごわつかず◎。
カラーも柔らかなイエローで、外で着用していても「医療チック」にならずうれしい感じ。

ただ、少し指の部分が長くて、私の手には余ってしまってますが…。

主婦湿疹でお悩みの方には、おすすめかなー。

SHOWAグローブ
http://monipla.jp/bl_rd/iid-19538125774f0f80686a66c/m-4f161c25cbe3b/k-1/s-0/

ベビールーム報告@高山観光地内。

下呂から高山までは車で約1時間。近所のスーパーでは買いたいものがあまりそろわないので、日曜日には家族で高山へ遠征することがしばしば。

普段は観光客が訪れる高山の街並み付近ではあまりブラブラしないのですが、昨日は友人への贈り物を探すために散策していると、こんな看板を発見!

120212_122150.jpg

商店街の中に、授乳スペースがありました!!
中に入って聞いてみると、商店街の空き店舗を利用して、商店街のメンバーが運営しているのだそうです。
おむつ替え、授乳はもちろん、親が付いていれば自由におもちゃで遊ばせたりしてもいいそうです。スペース内は明るくて、暖房も効いていて快適そうでした。対応してくれた女性の方も、やさしそうなおばさまでした。
(この時はおむつもおっぱいも済んでいたので、ちょっとのぞいただけ)

おむつ替え用の台は女性用トイレなどにも増えましたが、授乳する場所には困ることがしばしば。
観光地ならいろんな人が訪れるので、本当に便利だと思います。
これからはこちらも利用したいと思います!

こんなサービスは各地で増えることを願います。

ひな人形を娘へ。

娘が産まれ、今年は初節句。
母から「ひな人形はどうするの?」と言われましたが、私のを送ってもらいました。

20120207.jpg

これは亡くなった祖父が買ってくれたもの。小さいころは7段飾りすべてを飾ってあった記憶がありますが、転勤族であった我が家は、引越先が狭かったり、私と妹が大きくなったり、母が面倒くさくなったりして、おひなさまの全てを飾りつけることがだんだん少なくなっていったのが事実。
いつの頃から、箱にしまったままになったりも…。

実家の定住が決まった折には、邪魔になるからと、お内裏様とお雛様を残して人形供養へと。

こんな経緯があり、母になった私も「そうなるんちゃうかな…」とひそかに思い、ひな人形を買ってもらうのをためらったのです。それに、せっかく残したこの2体も、箱の中で仕舞われっ放しだったわけだし、思い出と共に娘へ託そうと思ったのです。

調べたところによると、ひな人形はひとりにひとつだそうですね。(人形屋の売り文句?)
でも、代々受け継ぐ家もあるようですから、私の代からそうしようと思います。

私が産まれてすぐ買ってくれたとしたなら、このひな人形は35年もの。
娘が何十年も使い、そして女の子の孫が出来たなら、そのまた何十年も先へと時を重ねていくはずです。

ヴィンテージものに弱いからか、そんな付加価値がこのひな人形に加わると思うと、とても楽しみです。
*CommentList

ご案内

プロフィール

aozoramayuko

Author:aozoramayuko
大都会・大阪のど真ん中在住を経て、日本一美しい村連合に加盟する岐阜県下呂市馬瀬に移住。人口も環境も、全く違うところでの暮らしをしています。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。